S級教材

東京バレーボールアカデミー【驚異のバレーボール上達法】はお勧め出来る!

東京バレーボールアカデミーは、自分の中では最もお勧め出来る教材です。

若者からお年寄りまで3万人以上を指導してきた斎藤利さんの渾身のノウハウとなっています。

バレーボールの上達のコツは正しい練習方法を続けて、正しい身体の使い方を自分の体の中にしみこませる事です。

これはどんなスポーツにも言えます。

バレーボールの練習をしても上達しないのは、「間違った練習をしている」場合が非常に多いです。

コーチなどがいたとしても、間違っている部分をイチイチ指摘してくれるケースは少ないと言えます。

多くの場合で自分で修正を行う必要があるわけです。

しかし、自分ではどこが間違っているのかも分からない事が多いと言えます。

あなたの中でからなず盲点があり上達を妨げている事も十分に考えられます。

私はバレーボールは10年以上やっていますが、一番お勧め出来る教材が「東京バレーボールアカデミー驚異の上達法」です。

この教材はママさんバレーや一般のバレーボールプレイヤーだけではなく指導者にも役立つ内容となっています。

 

※全額返金保証&スペシャル特典付きのリンクとなっています。

 

正しい練習を繰り返す事が上達への道

先にも少しお話をしましたが、バレーボールの上達のコツは正しい練習を繰り返す事です。

ママさんバレーでも小学生、中学生、高校生でもバレーボールをやっているのに上達しないのは、正しい練習が出来ていない事が多いです。

特に変なクセが付いてしまっていると上達を妨げる要因となります。

例えば、あなたが二段トスの時にボールがアタッカーまで届かないとします。

トスが上げれないのは、多くの場合で体の使い方が出来ていません。自分の筋力を最大限使えていないのでボールが遠くに飛ばないわけです。

他にも、バレーボールのレシーブでは「脚が出ない」と言われる事があります。足が出ないのにも理由があり「脚が出ない」だけで済ませてはいけません。

サーブレシーブが苦手、スパイクで強打が打てないなども理由があります。オーバーハンドパスの時に手に持った様な感じになってしまうのも悪い癖があるわけです。

それらを矯正する正しい練習を行わなければ、いつになっても上達する事は出来ないでしょう。

多くのバレーボール指導者が盲点になっている部分に関しても、東京バレーボールアカデミーの教材では網羅されています。

 

3つのステップでバレーボールは上達する

東京バレーボールアカデミーは3つのステップを重視しています。

体の使い方を覚える→良い例を理解する→上手く行かない解決策を知る

この3つのステップでバレーボールを上達させます。

多くの方がきちんとした正しい身体の使い方が出来ていません。

さらに、良い例は中途半端に理解しています。

上手く行かない場合の解決策は多くのバレーボール選手も指導者も分かっていない場合が多いです。

例えば、あなたのチームにもオーバーハンドパスでボールが上手く弾けない選手はいるかと思います。

しかし、そういう選手にオーバーが苦手だとは言えても、修正するための方法を提案できる人はまずいないでしょう。

それを可能にしているのが東京バレーボールアカデミーの教材となります。

指導者であったとしても、どこが悪いかは分かっていても的確に指導が出来ている場合は非常に少ないです。

「苦手」だけで放置してしまうと、苦手意識が増してしまうだけで余計に下手になっていきます。

そうならない為に、東京バレーボールアカデミーの3つのステップで改善方法を見つけて欲しいと考えています。

 

気になった技術

東京バレーボールアカデミーで気になった技術を少しピックアップします。

スパイクになるとミートしない

壁打ちだと的確にミートが出来るのに、いざスパイクとなるとミートする事が出来ずにヘロヘロの球が飛ぶという事はないでしょうか?

これって自分も過去にそうだったわけです。いざスパイクになると手首の辺りなどにあたってしまいボールが全然ミートする事が出来ませんでした。

自分はちょっとした事を取り入れたら普通にミートする様になったわけです。

東京バレーボールアカデミーでも似たような事がお話されていて「流石だな~」と思いました。

人によっては壁打ちは地面に脚が付いているからバランスが安定してミートもしっかりと出来ると言いますが、別に理由があったわけです。

「スパイクのミートが出来ない」「強打が打てない」と悩む選手は必須の練習方法だと考えています。

 

得点になりやすいスパイクの場所がある

バレーボールでスパイクを打つ時に、得点になりやすい場所は確実に存在します。

バレーボールの練習では強打が打てるけど、試合になるとブロックに阻まれたりしてスパイクが決まらない選手もいます。

そういう選手は得点になりやすいスパイクの場所が盲点となっている場合が多いです。

スパイクが打ててもブロックに対して苦手意識がある様な人も覚えておいた方がよいでしょう。

同じスパイクを打つにしても場所によって決定率はかなり違ってきます。

さらに、フェイントをするにしてもアタックの決まりやすい場所はあるという事です。

 

一人でも出来る効果的な練習方法がある

バレーボールというとチームプレーでありスパイクを打つにしてもレシーブをするにしても、練習する相手がいないと上達しないと考える人もいるのではないでしょうか?

東京バレーボールアカデミーの場合ですが、一人でも出来る効果的な練習方法も教えてくれます。

一人の時に効果的な練習が出来るかで、上達は全然違っていきます。

一人でも出来る練習方法はバレーボールにおいて重要です。

 

個の力を上げる事が出来る

東京バレーボールアカデミーの驚異の上達法は、初心者、ママさんバレー、指導者などの全てにお勧め出来ます。

バレーボールはチームプレーだと思っている人も多いはずです。

もちろん、それは正解でありバレーボールはチームプレーのスポーツだと言えます。

しかし、何だかんだでバレーボールは個の技術の集合体でもあります。

個人個人で高いレベルにならなければ、強いチームは作れません。

東京バレーボールアカデミーの驚異の上達法は、選手一人一人の能力を上げるための教材となっています。

そのためレギュラーになれないとか、レギュラーになっていても足を引っ張ってしまうなどの人にもお勧めです。

ただし、あくまで一人一人の実力を上げるための教材であり、高度なコンビバレーを教えて欲しいとか、そういう方への教材とはなっていません。

あくまで初心者から伸び悩みを感じる人様に作られている教材だからです。

 

レッスンサポート&メールサポート付き

東京バレーボールアカデミーですが、メールサポートだけではなくレッスンサポートまで付いています。

メールサポートは斎藤利さんにバレーボールの悩みを直接聞けるサービスです。

さらに、東京バレーボールアカデミーでは60分の無料レッスンサポートも付いています。

都内の体育館において斎藤利さんが自ら指導してくれるサービスです。

東京に行ける人であれば絶対に使った方がよいでしょう。

因みに、斎藤利さんは3万人を超えるバレーボールプレイヤーの指導をした方であり、的確な指導には定評がある方です。

3万人も教えていると、様々な性格の人や癖のある人が訪れるわけであり、そうした方に適切な指導をしてきた実績があります。

自分の中では、60分の指導は都内まで行けるのであれば絶対に使って欲しいと考えています。

無料で60分受けられるわけですから、絶対に受けるべきでしょう。

尚、回数無制限の無料のメールサポートも付いているので、そちらも有効活用してください。

 

全額返金保証付き

東京バレーボールアカデミーの驚異の上達法には、全額返金保証が付いています。

そのためあなたに金銭的なリスクは発生しません。

全額返金保証を受け取る為には、購入後90日から180日の間に申請する事とメールサポートを5回以上するなどのルールがあります。

自分の中ではDVDはしっかりと作りこまれていますし、特に返金する理由はないのではないか?と思っています。

尚、返金保証目当ての購入は絶対にやめてください。人としてのモラルが問われる部分でもあります。

 

スペシャル特典をお付けします。

当サイトから購入してくれた方へスペシャル特典をお付けします。

自分の中で、こうした方が上達が早いとか思っている部分もあります。

多くの方が盲点になっていますし、東京バレーボールアカデミーの教材の中でも述べられていない部分です。

仕事や勉強などにも応用が出来る方法であり脳科学を意識したやり方となっています。

これを特典としてお付けします。

購入する時に下記の画面が出ているのか?を確認してから購入してください。

特典の画面が出ていないと特典は付いてきません。

東京バレーボールアカデミーは当サイトでも最も評価している教材です。

バレーボールに悩んでいるとしたら、私はこの教材を最もお勧めします。

※全額返金保証&スペシャル特典付きのリンクとなっています。

 

バレーボール教材の評価 S級・最高 C級・使えない

   

-S級教材

Copyright© バレーボール上達方法!【正しい練習の繰り返しが大事】 , 2021 All Rights Reserved.