スパイク

スパイクを打つ時に肘が曲がるのは問題です。

バレーボールのスパイクの時に肘が下がる問題があります。

肘が下がると、打点が低くなるので、人によってはボールがネットを越えないなどの問題もあるはずです。

しかし、中々矯正出来ないことで悩んでいる人も多いと言えます。

打点が低いとブロックにつかまりやすくなるので、矯正した方がよいでしょう。

 

スパイク時に肘が下がる原因

バレーボールでトスが上がりスパイク時に肘が下がる原因ですが、もちろん、スイングフォームが悪いことは言うまでもないでしょう。

一つの原因として、体のどこかに無駄に力が入り過ぎている場合も多いです

無駄に力が入ると言うのは、肩や肘などの無駄に力が入っている状態を指します。

他にも、打つ気が強すぎて体に力が入り過ぎてしまう場合も少なくありません。

あと、元々フォームがちゃんと出来ていない場合も多いです。

スパイクフォームをチェックする

スパイクフォームをチェックして欲しいのですが、打つ時に両手で万歳をしてスイングする側の腕をバックスイングしていきます

この時に、手のひらが外側を向いているかチェックしてみてください。

そうして打つ場所は万歳した位置の少し手前のあたりでボールをミートさせます。

ゆっくりやればきちんとしたフォームで打てる人は事の他多いわけです。

しかし、いざセッターにトスを上げてもらいスパイクを打つと何故か、肘が曲り下がった場所で打ってしまうことになります。

ちなみに、肘が下がると肩などに負担がかかるので、肩を壊したり故障する可能性も増えることになるでしょう。

どうすれば肘が下がらないのか?

スパイクのスイング時に肘が下がる問題ですが、力を込めて打とうとせずに、綺麗なスイングを保ち打つようにします。

スイングスピードはゆっくりでもよいので、体の力を抜き打つようにしてください。

ここで速度の速い球を打とうとすると、肘が下がったりするので、注意が必要です。

実際に体に力が入るとスイングが遅くなるので、球のスピードも落ちます

フォーム重視の打ち方でフォームを矯正するようにしてください。

基本に返るようですが、それが一番効率が良いことになるでしょう。

是非、やってみてくださいね。

フォーム重視の打ち方をすることで大半の場合は、肘が下がる問題は解決していきます。

関連記事:バレーボールのスパイクはフォームとスイングが肝です!

バレーボール教材の評価 S級・最高 C級・使えない

   

-スパイク

Copyright© バレーボール上達方法!【正しい練習の繰り返しが大事】 , 2021 All Rights Reserved.